若い人でも危険な水虫を倒す│薬を覚えておこう

症状について

痔の症状を発覚したら出来るだけ早くクリニックに相談することが大切です。専門医院をこちらで紹介しています。

水虫の薬をお捜しの方はこちら!凄く評判の良い商品ですよ。綺麗に治療できるので一度試してみてください。

水虫というと、高齢の男性がなってしまうものというイメージがあります。ですが、近年では、女性がかかるケースが増えています。その証拠に、ある製薬会社の調査によると、20歳から35歳の女性の4割の人が「過去に水虫に悩んだことがある」という結果がでています。この理由は、おしゃれで夏でもブーツを履く方が多く、足が蒸れやすい状態にあるからです。 そもそも水虫とは、カビが原因でおこる皮膚病です。皮膚の一番外側の角質層に、白癬菌が寄生することで起こります。その症状は、足の指の間が白っぽくふやけたり、ただれたりします。その他にも、足の裏に赤い小さな水ぶくれのような水泡ができたり、かかとがひび割れるなどの症状もあります。

水虫の治療には、市販の塗り薬が有効と考えられます。薬には、水虫の原因であるカビを殺菌する成分が含まれているからです。水虫の薬はイミダゾール系と呼ばれていて、これはさまざまなカビに効く上に副作用が少ないことが特徴です。 従来は、1日数回薬を塗る必要がありました。ですが、近年では、水虫の薬は進歩して皮膚への付着性が高まり、1日1回でも良く効くように改良されています。薬を塗る手間を省くことができて、効率的に治療ができます。 塗る時のポイントは、症状がなくなってもすぐに塗るのをやめないことです。というのは、症状がなくなったのは完治したのではなく、カビの働きが弱まっただけだからです。よって、自覚症状がなくなってから、最低で1、2ヵ月は塗り続けることが大切です。

お肌のあらゆるトラブルに対応できるのが横浜の皮膚科クリニックです。診療している日にちをよく確認して受診しましょう。

皮膚にトラブルが起こった時、すぐに治せるように頼れる場所を知っておくと安心です。西新宿の皮膚科はいろんな病気に対応してくれます。

特殊なもの

「白癬菌というカビによって起こる」水虫は「白癬菌」というカビの一種が原因で起こります。白癬菌による皮膚の病気は、いろいろありますが、その中でも特徴的な水虫について把握しておきましょう。

Read more

使うときに

水虫は、根気よく直さないといけない病気です。水虫ができたら、足を清潔にすることはもちろん、悪化させないためにこまめに薬を塗ることが大事です。そこでどんんたものを選ぶべきか把握しておきましょう。

Read more

ニキビは皮膚科へ

ニキビの悩みを自力でどうにかしようと考える方も多くいますが、ニキビの治療は皮膚科で解決することが出来ます。西新宿周辺の皮膚科では、ニキビの治療にもきちんと対応してくれますから安心して治療が行なえます。

Read more

注目の記事