若い人でも危険な水虫を倒す│薬を覚えておこう

特殊なもの

手足や爪に感染するものを(水虫)と呼び、太ももの内側に起こるものは(いんきんたむし)、それ以外は(たむし)と呼ばれています。白癬菌は、スリッパやバスマットを共有したり、水虫の人が裸足で床を歩いた後に落ちた白癬菌を踏んだりすると、ほかの人の足にくっつきます。しかし、角質層に入るまでに時間がかかるため、その前に洗い流せば、必ず感染するわけではありません。「かゆみを伴わないタイプもある」(かゆみ)は水虫で最もよく知られる症状ですが、水虫の症状はそれだけではありません。大きく分けて3つのタイプがあり、それによって症状も異なります。

まず代表的なのは(小水疱型)と呼ばれる、足の裏や足の指の間に小さな水ぶくれができるタイプです。でき始めと水ぶくれが破れたときに、強いかゆみがあるのが特徴です。2つめは(趾間型)といって足の指の間にできるタイプです。足指の間の皮膚が白くふやけて、皮がむけますが、かゆみはあまりひどくありません。3つめは(角質増殖型)というタイプで、水虫が慢性化した徐々に角質層が厚くなり、足の裏全体が硬くなるタイプです。この場合、かゆみがないため、水虫と思わない人も多いようです。治療は、抗真菌薬の塗り薬や内服薬が用いられもす。水虫は市販薬もありますが、自己判断で、水虫に似た別の病気に使ってしまったり、かぶれを起こして悪化させることもあるので、皮膚科できちんと診断を受けたください。